返済が間に合わない時は

カードローンを利用すると、ついて回るのは返済です。多くのカードローンは毎月返済期日までに、決まった金額の返済を行います。口座引き落としにしている人もいれば毎月振込みしている人もいますが、もしも返済が間に合わない時もあるかもしれません。もしも返済が間に合わないと、遅延損害金として追加の利息がかかるだけでなく、悪質な場合には財産が差し押さえされる可能性もあります。

 

もしも返済が間に合わない場合、必ずすべきなのがカードローン会社への連絡です。振込をする時間が取れない、急な出費で振込額が足りない、何年も返済をしていれば、急なトラブルがあるのも仕方がないです。

 

連絡を入れるだけでカードローン会社の心証もよくなります。そして、原因によっては相談に応じてもらえます。支払いが数日遅れで済むなら、そのように配慮してもらえます。

 

また、返済の金額が足りないとどうしようもないと思うかもしれません。その結果他社から無理な借入れをするような人も中にはいます。しかし、正直に今月の支払いが無理そうだと相談すれば、返済額の減額にも応じてもらえる可能性は十分にあります。例えば今月は利息分だけ収めるなど、意外と柔軟に対応してもらえます。

 

一人で悩んで深みにはまるよりも、素直に相談するのが一番の解決策です。

 

銀行でも電話をして相談をすれば解決が出来る場合がありますので、返済で困ったらオリックス銀行の相談を見ながら、どうするべきかを考えてください。