おまとめローンを利用して返済をスムーズに

借り入れが多くなると毎月の返済が厳しく苦しくなりますが、多くの借り入れはおまとめローンによって一本化をすると楽な返済が出来るようになります。おまとめローンなら金利の低下と毎月の返済金額の軽減が期待できるので、今よりも余裕のある返済が可能となるのです。

 

 

ただ、注意をしておきたいのはおまとめローンの利用先で、なるべく低金利であるのは最低条件と言えますが、加えて気にしておきたいのは返済の期間や返済総額です。

 

返済の期間が長くなると毎月の支払いは分散されるので少なくなりますが、その代わりに最終的な返済の総額は膨れ上がります。借りている期間が延びてしまうので利息総額が増えるためで、毎月の支払いを少なくしたいのか総額を少なくしたいのかによっておまとめローンの選び方も変わります。

 

自身に合うおまとめローンの利用先を調べるためにも、金利も含めて様々な角度でおまとめローンが分かる審査基準情報サイトをじっくりと見ておくと良いでしょう。

 

カードローン利用者は多い

カードローンというと借金を連想する人が多いです。借金から連想するのが、取立てや破産などでしょう。カードローンで借りたお金は返さなくてはいけません。もしも返済できなかったらどうなるのか、カードローンは怖いと考える人もまた多いです。

 

カードローンに対して怖いというイメージを持つ人が多い一方で、その利用者は実は意外と多いです。現在、日本では10人に1人以上がカードローンの利用経験があります。成人している人だけに限定すれば、もっと割合は増えるので、知人の中にも何人もカードローン利用者がいる計算になります。

 

みんな返済に追われている?

こんなにたくさんのカードローン利用者がいるならば、返済に追われて破産する人もたくさん出てくるのではないかと思うかもしれません。ですが、カードローン利用者の割合と比べて、夜逃げしただとか破産しただとかいった人が身近にそんなにいるでしょうか。多くの人は、カードローンの返済が間に合わないというわけではなく、上手に付き合っているといえます。

 

これには理由があります。最近の消費者金融の利息については、貸金業法改正によって金利が大幅に引き下げられました。例えば30万円借りた時の金利の上限は18.0%、1か月にかかる利息は4500円です。毎月返済をしていけば残債は減っていきます。残債が減るごとに利息はさらに下がっていきます。

 

例えばたくさん借入れしてしまい、200万円もの借金を抱えたとしても、1か月でかかる利息は最高で25000円です。100万円からは上限金利が15%に下がります。返済が全くできなくて破産というイメージとは程遠いでしょう。

 

以前は上限金利が実質29.2%でした。実に3割近くが利息として取られている状態なので、毎月の利息も返済も相当なものでした。先ほどの200万円の借入れの例で言えば、1年にかかる利息だけで60万円近い計算になります。

 

金利が下がれば利息の支払額も減らせるので、カードローンはなるべく金利の低いソニー銀行の低金利カードローンを利用するなどの工夫や選び方が必要となるのです。

 

計画的な利用を

金利が大幅に引き下げられたとはいっても、カードローン利用の上での鉄則は、計画的な利用です。どんなに金利が低くても、無計画に借入れを繰り返していけば返済しなくてはいけないお金が増えて行ってしまいます。

 

そうなることを防ぐ目的で、総量規制という法律によって、年収の1/3を超える金額の借入れはできなくなっています。200万円のカードローンを組めるのは年収600万円以上ある人でなければいけません。借入れできる金額に上限があるという見方もできますが、無理な借入れをしすぎて破産するリスクが低くなるという見方もできます。金利の面でも限度額の面でも、カードローンのリスクは低くなってきています。

 

計画的に使えばカードローンは大変便利で、困ったときには役立ちます。特に審査や融資の早い消費者金融は急なときにも便利なので、しっかりとした返済計画を持っているなら、プロミスのような大手の消費者金融を利用するのは悪くはありません。

 

プロミスなら各地の契約機で早くにカードが受け取れるメリットもありますので、土日でも今日中にお金が必要となればプロミス福岡市で土日に借りるを参考にしましょう。